女性

住宅の流行りは一室空間

今、流行している住宅設計のタイプのひとつに「一室空間」というものがあります。 簡単にご説明しますと、「リビング(居間)」と「ダイニング(食堂)」、そして「キッチン台所」がすべて同じフロアー内、つまり一室の空間内に配置された設計のことを言います。 つまりは、それぞれの部屋を壁で仕切らずに、「部屋」としてではなく配置している設計のことなのです。 この一室空間のメリットは、なんと言っても開放感です。それぞれのスペースを壁で仕切らないことによって、限りあるスペースをより広く使うことができます。そして、空間自体をより広く取ることができますので、閉塞感を感じません。つまり開放感があるのです。 そしてまた、リビングスペース上に「吹き抜け」を設けた設計も数多く採用されています。吹き抜けは設けることにより、より多くの開放感を感じることができるのです。 また、2階を設ける場合には、これらの生活空間内に階段を設置する設計も今の流行と言えるでしょう。「オープン階段」といって、踏み板や手すりのみを取り付けたシンプルな階段は、壁で階段を囲まないことにより、限りあるスペースをここでも節約することができますし、なおかつ階段自体にも開放感が生まれます。ちなみに、階段横には手すりが取り付けられますので、恐怖感はほとんどないです。 以上のような一室空間は、なにも一戸建て住宅だけではなく、最近では数多くのマンションでも採用されています。